車を下取りする場合の名義異動を考える

車をモデル下取りに出す時、もしくは他人に譲渡する時、本当にしなくては、先大損するかもしれないのが名義スウィッチだ。
仮に売却した若しくは譲渡した目当てが、そのままの名義でのぼり続けた時、その後のマイカー租税や自賠責掛け金、マイカー重み租税の手配などは売却した当事者に来てしまいます。
そこで、自分にはこれから関係ないってありのまま放っておくと、納税催促状が来て、それも放っておくと資産差し止め連絡がくるのです。
とりわけ、平凡マイカーとか、軽自動車も同様です。
ちょっと数千円の軽自動車租税で全資産差し止めになりかねないのです。
また、売却した目当てがひき逃げも決める産物なら、それでは車検エンブレム上の名義です売却した側に疑念が掛かるだけでなく、場合によっては補償の肩代わりをできる事態にもなりかねません。
モデル下取りでの名義変更は、大抵の時、モデル下取り講じるショップ位置付けで、陸運チャンネルなどの進行サッパリを通じてくれます。
そのためには、車検エンブレム、自賠責保険エンブレム、マイカー租税納税立証、ハンコ立証の写しなどの以外、ショップが作成するおまかせ状への実印押印が必要です。
一方、個人に譲渡や売却する時、ショップに委託することも可能ですが、そうでない場合には取引先の自分と共に、上述絶対記録携行の上、陸運チャンネルでの進行が必要です。

▲ページトップに戻る