車売却査定における事故歴とは

車を運転していると、ちょっとした事故を起こしてしまったり、巻き込まれてしまう可能性は否定できません。
もしも、そうした事故歴がある車を売却しようと考えた時、気になるのが事故にあったことを査定士に告げる必要があるのかどうかということでしょう。
実は車売却査定において事故歴とは修復歴がある車かどうかによって変わってきます。
例えば、壁にぶつけてドアが少し凹んだので板金で修理した、後ろから追突されてリアバンパーを交換したというような事故に遭った車であったとしても、車売却査定においては問題ありません。
なぜなら、これは車売却査定の定義では修復歴のない車として扱われるため、事故歴にはならないからです。
では、修復歴のある車とはどのようなものなのかというと、いわゆる車のボディを構成しているフレーム部分の修復や交換を行っているような車を指します。
フレーム部分の修復交換は、かなり大きな事故に遭ったということに他ならないため、この場合は、査定額に大きく響いてくるのです。
つまり、それ以外の部分の場合は、車売却査定を受ける際にわざわざ申告をする必要はないといえます。
ただし、一般的に修理歴は残りますので修理の有無を聞かれた時は嘘を吐かないようにしましょう。

車売却の査定に影響する修復歴
中古車買取店などに車売却を依頼すると、持ち込まれた車の状態についてチェックが行われます。悪い箇所が多いとマイナスポイントとされ、最終的にいくらで買い取るかが提示されます。この作業を査定と呼びますが、これを大きく左右する要因の一つに修復歴があります。

修復歴とは過去に車を修理した履歴のことで、ディーラーや整備工場、自分で行った箇所まで全てのものが含まれます。これが多いと、車売却時の査定では問題があるとされ買取額が下がってしまいます。壊れた箇所を修理したのだから車の価値が上がっているように思えますが、新品の状態からは大きく価値が下がっているためこのような判断がされます。

実際には修理箇所の種類によっても、査定額を左右する度合いが違います。例えばバックライトなどに使われている電球が切れたので交換した時などは、電球の寿命が伸びたことになるので大きなマイナスとはなりません。一方で大きく影響するのが、車の骨組みとも言えるフレームの修復歴です。ボディの剛性を担う屋台骨とも言えるこのパーツは、一度破損してしまうと著しく性能が低下すると言われます。特に安全面での悪影響が考えられるため、この箇所について修復した履歴が確認されると車売却時に不利であると言えます。

▲ページトップに戻る