車売るをする前に故障したことは補修した方が良いのか?

ケガをしているクルマを中古車売るをする時に修理を通しておいた方が良いのかというヤツもいるかもしれませんが、これは基本的にそのままにして中古車売るに出したほうが査定の面では有利になります。
その理由としてはケガをしたままでは当然査定は下がってしまいますが、直したからといってその費用に合うだけの査定費用が加算達するはないためです。

買取ショップは故障したクルマを益々安く修理することができる作業場などを持っていますから、個人がどれだけ安く済ませたとしてもそういったショップにチャージの現状で適うことはありません。
そのため、原則かかったチャージ以上に査定費用が伸びるということが無いだけにかかったチャージの分だけ損をしてしまうことになるのです。
但し、個人であっても簡単に治すことができる程度のケガで、治すのに大して費用もかからないというのであれば、減額になる当たりを抑えることができるので儲かるということもあります。
そのため、正すか直さないかは掛かるチャージによって決めると良いでしょう。

▲ページトップに戻る