買取額アップのためのテクニック:装備編

買取額アップのためのテクニック

買取額アップのためのテクニック:装備編

車売却時の装備品による査定金額の差について余り知らない方が多いようです。
車の査定には、車種、グレード、年式、車の状態がチェックされますが、基本的な価格は車種、グレード、年式で決まりますが、最後の価格決定の際に車の状態が左右します。車の状態については、傷や汚れ、室内の状態などがチェックされますが、合わせて純正、後付の装備がチェックされます。
車売却の買取額はオークション売却額や店舗販売での仕入額になりますので魅力的な装備があれば査定をアップできますが、魅力的というのがポイントです。最近の車の場合はナビゲーションが純正品で搭載されていることが多いのですが、ナビゲーションは年式が古いと地図が古いために査定金額のアップが出来ないことも多いようです。純正品でも地図をアップデートできる場合は査定がよくなるようです。社外品のナビゲーションの場合も同様に搭載されているだけでは意味がなく、地図がアップデートできる機種なら査定金額がアップするようです。また、搭載されていないことが少ないオーディオについてはDVDが再生できる、スピーカーの数が多いなどがあれば査定には良い影響があるようです。

車売却査定@車を売るときに気をつけること
車売却

▲ページトップに戻る