愛車売るたまに貸出が残っていても無事故?

愛車売却は、割賦が残っていても依頼することができます。また、査定後の取引も、割賦の支払が残っていたとしても可能です。
愛車売却は買取価格を出して買うだけの操作であり、正規取引手続ではないので、査定に臨むことによって割賦の残債に影響が出ることはよっぽどありません。但し、正式に取引手続を行うシチュエーションになった際、その時点で割賦の支払を終了していない場合は、未払いパイを全額支払って支払いする必要があります。
残債の対処は買取店ごとに異なってあり、買取代金から未払いパイを差し引くことにしている買取店と、オーナーが未払い分の支払を済ませるまで買取代金の支払を行わない持ち味をとっている買取店の2つに分かれます。前者については、未払いパイが買取代金を上回った場合は、値鞘を買取店に支払わなければなりません。差額分は一括がパターンとなっていますが、すぐに用意できない場合は相談する結果分割払いとしてくれることがあります。

▲ページトップに戻る