車売却


車売却

当ホームページは、愛車の売却において、少しでも高く売りたい!
と思っている方のために、最新の車買取情報を紹介します。
車売るならどこがいいの?、有利に車を売るためのマル秘情報も紹介します。

車売却なら一括車査定へ

ガリバー、T-UP、カーセンサー、アップルなど買取会社いろいろありますね。
実際のところ、どこに売却すれば高値が付くのか?高額査定が実現するのか?
気になるところですね。
実は、車相場はその時期、また、会社によって評価額は変わります。
そこで、注目されているのが、大手買取会社をはじめ地元密着の会社などを一括まとめて査定をお願いする一括車査定です。

複数社と競合させて買取額をアップさせる、賢い人が実践している、それも簡単に実現できるテクニックです。


車を高く売るなら一括査定がオススメ

車売却ランキング詳細はコチラ






買取以外にも下取りというシステムも存在しますが、下取りには絶対持っていかないでください。理由は簡単です。競合させるものがないため、ディーラーの言いなりの価格にしかならないからです。
一括査定の場合、競わせることが出来るので、20万、30万、場合によっては50万円くらい得することも多々あります。


査定でチェックされるポイントとは

車売却の際の査定におけるポイントをご説明します。
まずポイントとなるのは、「車種」「年式」「走行距離」「グレード」です。
人気車種であれば、当然ポイントは高くなります。
同様に、年式が新しいほど、走行距離が少ないほど、グレードが上級であるほど、評価は高くなります。

一方で、事故歴や修理歴はマイナスポイントとなります。
特に、フレームまで損傷が及ぶなど、大きな事故歴があると、例え見た目がきれいに修復してあっても、評価は伸びないことになります。

他に、クルマの使われ方も重要となります。

車査定 チェックポイント

喫煙車であったり、ペットを載せていたなど、臭いに関する部分もマイナスとなります。
臭いはクリーニングしてもなかなか消せないことが理由です。


また、

ボディに多くの擦り傷やへこみがあったり、内装がひどく汚れている場合もマイナスです。
こうした場合、クルマを丁寧に使用していないとみなされて、クルマ全体の印象を悪くしてしまうからです。

装備に関しても、評価される場合とされない場合があります。
例えば、最新のナビや映像セットが装備されていればプラスになりますが、走りを強化するための装備は場合によってはマイナスになります。それどころか、改造されている程度によっては、買取そのものを拒否されるケースもあるので、注意が必要です。

車売却の際のポイントについてご紹介してきましたが、やはり、買う側から見て「欲しい」と思えるクルマであるかどうかが重要となります。
車売却の前に、自分のクルマが「買いたいクルマ」であるかどうかという視点で、一度チェックしてみてください。


車売却までの流れと期間

車売却をしたい場合は、わざわざ中古車買取専門店まで出向く必要はありません。電話かメールで車売却をしたいので査定してほしいことを伝えれば、すぐにオペレーターから出張査定についての確認がきます。

そこで都合の良い時間を指定すればOKです。査定当日は査定額アップのために、車を洗車したり、室内もきれいに掃除したりしておくと良いでしょう。
査定時間は30分程度です。


車売却までの流れ
査定が終わると、その場で買取価格が提示されます。

提示された価格に納得できれば売買契約に進みます。
査定額に納得いかない場合は、さらに交渉することもできます。
査定額は査定士の権限である程度の幅がある場合が多く、査定士では決められないときは本部と連絡を取り、さらにプラスアルファが付く場合も少なくありません。


契約終了後は、車の引き渡しの日を決めます。またそれまでに、必要な書類を用意する必要があります。売却代金は後日指定の口座に振り込まれます。


車売却までの期間
査定の申し込みから車の引き渡しまでの期間は、通常は1週間から2週間程度ですが、その場で即決した場合は、さらに期間は短くなります。また、買取キャンペーンなどを実施中の場合は、その期間内に契約を済ませる必要があります。


自家用車新車最新値引き情報/内職 アルバイト/ライブチャット


>> 車売却ランキングはこちら <<



エコカーの車査定について

世界的に環境問題が問いただされていますが、わたしたちが個人的にできるエコ活動の一つが、エコカーに乗ることです。エコカーというのはCO2の排出量が少ない、つまり燃費の良いクルマのことを指し、国もエコカー減税などを設けて販売を後押ししています。

燃費が良いということは、維持費が安くなるということですから、ユーザーにとってもうれしい限りです。

しかも減税の恩恵までついてくるのですから、人気が高いのも頷けます。

エコカー車売却
しかし、エコカーは新車がよく売れる分、中古車市場ではやや供給過剰となっています。

そのために車査定をすれば、誰でも簡単に高額買取が期待できるというわけではありません。

高額査定を目指すには、いくつかのテクニックが必要です。

高額車査定のテクニックの中で、最も効果的なのは複数の買取業者を競合させることによって、互いに車査定額を競い合わせることです。

買い取りが可能となる業者は1社だけですから、少しでも高い車査定額を付けようとします。

それはまるでオークションのように、買取価格がつり上がっていきます。

交渉するときには、他の業者がいくらの車査定額をつけたのかを巧みに提示しながら、より高値を引き出していくようにすると良いでしょう。


エコカーの人気車種トップ3

エコカーの人気車種トップ3を考える場合、売り上げもさることながら、燃費の良さでも比較する必要があります。

現在販売されているエコカーの中で、最も低燃費なクルマは、最新型のトヨタプリウスで、JC08モード燃費は40.8km/Lを達成しています。リッター40キロを超えるクルマは、現在プリウスのみとなっています。また最新型プリウスは走りの質も飛躍的に向上し、クルマとしての完成度が非常に高くなっています。

エコカーの人気車種
第二位はスズキアルトで、JC08モード燃費は37km/Lを達成しています。軽自動車は人気車種が多く、エコカーとしての存在感も最近急激にあげています。

またアルトは高額傾向にある軽自動車の中で、100万円を大幅に下回る低価格車も用意され、その点でも人気となっています。トヨタのアクアもJC08モード燃費はアクアが37km/Lを達成し、コンパクトサイズのハイブリッドカーとして人気があります。

価格も200万円を切る価格でハイブリッドカーを手に入れることができることから高い人気があります。アクアと同様にコンパクトハイブリッドカーとして人気が高いのがホンダフィットハイブリッドです。両者は良いライバル関係にあり、販売台数でも拮抗しています。

フィットハイブリッドのJC08モード燃費はアクアよりやや落ちる36.4km/Lです。


エコカー補助金を紹介
エコカー補助金を紹介します。ハイブリッドカーや電気自動車など、環境に優しいクルマを一般にエコカーと呼び、他のクルマとは区別しています。

エコカーの特徴は、排気ガスに含まれるCO2をはじめ有害な物質の排出を大きく削減することができることです。特にCO2は世界各国が国をあげて努力目標を掲げて取り組んでいるものであり、エコカーは高い関心が払われています。

このような背景から、国はエコカー補助金を用意して、購入を後押ししているわけです。

エコカー補助金
エコカー補助金の内容は、そのクルマの燃費性能によって変わってきますが、一定の基準をクリアすれば、ハイブリッドカーではなくても、自動車取得税や重量税、そして自動車税などが免除、あるいは減額されます。重量税や自動車税に関しては、新車購入後も続きますので、エコカーを所有している限り、維持補を抑えることができるわけです。

具体的な内容を知りたければ、ディーラーなどで紹介してくれます。また、インターネットでも情報を入手することができます。同じ排気量のクルマでも、支払っている税金に差があることがわかると、気になる方も少なくないことでしょう。

またお金の問題以上に、エコカーを通して、環境問題に取り組んでいるという思いが大切かもしれません。


エコカーの車買取相場
エコカーの車買取相場は全般的に高値で推移しています。これは人気の高さを物語っているわけですが、ハイブリッドカーに代表されるエコカーは新車価格がノーマルなガソリン車と比べると30万円~50万円程度高く価格が設定されています。そのために新車が欲しくてもなかなか手が出ない方が、中古車を購入されるケースが多いのです。

ただ、電気自動車のようなエコカーの車買取相場は、ハイブリッドカーに比べると、新車価格に対しての値落ちが大きくなる傾向があります。電気自動車はCO2など有害な排気ガスを一切出さないという点でハイブリッドカー以上に環境に優しいクルマです。また、燃費の点でもハイブリッドカーをはるかに上回る低燃費を実現しています。しかし、問題なのは充電設備などのインフラ整備がまだ遅れていること、そして一回の充電で走ることができる距離がガソリン自動車3分の1程度であることがネックとなり、ハイブリッドカーほどには売れないのです。

エコカー車買取
最近は、水素で走る燃料電池車なども登場し、エコカーの修理が増えていますが、ガソリン自動車と同等の、あるいはそれ以上のメリットを感じることができないと、エコカーと言えども売れないのです。その意味では、もうしばらくハイブリッドカー全盛の時代が続きそうです。


>> 車売却ランキングはこちら <<





ハイブリッドカーの人気車種ベスト3

ハイブリッドカーと言えば日本の環境に適したエコカーとして非常に人気の高い自動車の一種です。

人気車種は毎年入れ替わる傾向にありますが、最近ではトヨタ自動車のハイブリッドコンパクトカーとして非常に勢いのあるアクア、最近新型が発表されて非常に高い燃費性能を発揮しているハイブリッドカーの先駆けであるプリウス、そしてバンタイプのハイブリッドカーとして注目を集めているシエンタハイブリッドが人気車種のベスト3に入っています。人気車種は時期によって変動する場合もありますが、これらの車の人気は非常に強いのです。

これらのハイブリッドカーにはそれぞれ特徴がありますので好みに応じて選ばれているという特徴があります。

ハイブリッドカー人気車種
車両の価格や性能、車室空間の特徴等様々な点を比較して選ばれることになりますので人気の差がそのまま性能差になっているわけではありません。近年ではアクアが高い人気を集めていますが、その背景には最も安い金額で購入できるハイブリッドカーであるという特徴があります。

乗り心地や性能などを考えるとプリウスの方が良い場合が少なくありませんが、アクアがプリウスに負けない人気を保ち続けている背景にはプリウスに比べてリーズナブルな価格帯で購入することが出来るという点も関係しています。

ハイブリッドカーの維持管理費について

ハイブリッドカー(普通乗用車)の維持管理費は、通常のガソリン自動車と比べてそれほど大きく異なるものではありません。

ハイブリッドカー特有の装備の中で消耗品となるのは走行用バッテリー、補機用バッテリーの2つだけです。

走行用バッテリーは基本的に12年ほど、走行距離では15万キロ程度は問題なく使用できます。それ以上経年・過走行の状態になっても性能が若干低下するのみであり、全く使用不可能になるわけではありません。新車の自家用車の場合は廃車まで交換することは通常なく、実質的に維持管理費の計算に入れる必要はありません。

補機バッテリーについては一般的な自動車のバッテリーと役割は同一ですが、動力系に高電圧回路があるハイブリッドカーの場合は、通常のバッテリーは引火性の水素を発生して危険であるという理由で、密閉型メンテナンスフリータイプが採用されていることがほとんどです。このタイプのバッテリーは同一性能の通常タイプのバッテリーと比べ60~130%ほど高価ですが、通常3年間はメンテナンスフリーで使用し続けることが可能で、電解液の補充などは一切必要ありません。

ただし、バッテリーは使用せずに放置すると劣化が急速に進み、そうなった場合でも密閉型バッテリーには性能回復手段が存在しないため、日常的に自動車を使用しないユーザーにとっては不経済になる可能性があります。一方で、通勤に使用するなど頻繁に使用されている自動車では、5年以上使用できる場合もあります。








 
車売却 ズバット車買取比較.comズバット車買取比較.com
ズバット車買取比較.com


人気No.1!実績はもちろん、高額買取の定評のある東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーの運営するズバット車買取比較です。
150社以上の買取会社の中から、あなたの条件に合う買取業者を最大10社選択可能。

車売る ズバット車買取比較.com



車売却 かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド


東証第一部上場の株式会社エイチーム:Ateam Inc.が運営するのが、【かんたん車査定ガイド】です。
入力は簡単、スピード審査で愛車の査定額が一発でわかる”1秒査定”が人気です。

かんたん車査定ガイド



車売却 カーセンサー.netカーセンサー.net
カーセンサー.net


リクルートが運営するクルマ総合情報サイト”中古車情報誌カーセンサー”のweb車査定サイト【カーセンサーnet】です。
簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)など、一括でお申し込み可能です

カーセンサー.net


車査定は楽天オート楽天オート
車査定は楽天オート


その名のとおり、楽天が運営する車査定サイト【楽天オート】です。
車を賢く高く売るなら買取査定市場。

楽天オート

▲ページトップに戻る